引っ越しをハガキで伝える

《 ズバット引越し比較 》
大手多数!厳選引越し業者100社以上参加!⇒⇒

無料で簡単に一括で引越し業者の見積もりを出してくれるサービスがあるって、ご存知ですか?

見積り依頼の仕方は、とっても簡単!数分で完了しちゃいます!!

(σ・∀・)σ<サービス利用後2日以内に見積書が届きます!!

↓複数の業者にまとめて見積もり依頼!一番安い引越会社が簡単に見つかる↓
引越し見積もり

引越しと転居ハガキ

引っ越しをしたら、親戚や友人、知人に知らせましょう。

新しい住所や電話番号などの連絡もしないでいることは失礼にあたります。

最近では、若い世代を中心に、引っ越しの連絡をメールで済ませる傾向があるようです。

しかし正式なマナーとしては、目上の人やお世話になった人には、きちんとハガキで知らせなければいけません。

転居ハガキは、新しい住所に変わってから1週間くらいの間に投函しましょう。

どんなに遅れても、1〜2ヶ月以内には送らなければいけません。

そうなると、引っ越しをしてからハガキを用意したのでは遅くなる可能性があります。

引っ越しが決まったら、様々な手続きをするのと一緒に転居ハガキの手配もすることをおすすめします。

転居ハガキを印刷業者に注文する際には、納期を確認し、デザインや料金を比較して注文手続きをしてください。

転居ハガキの完成までには1週間はかかるようなので、早めに手続きをした方がよいでしょう。

枚数が多いのであれば、引っ越しをする2〜3週間前までには用意できていると安心です。

また、パソコンやプリンターを利用して、自作の転居ハガキを用意できる人も増えています。

自分好みのデザインで転居ハガキを作るのもおすすめです。

転居ハガキには、引っ越し先の住所・電話番号の他、必要に応じてメールアドレス、携帯電話の番号などを記載します。

また、なぜ引っ越しをしたのか、例えば進学や結婚などの理由も書いておきます。

挨拶文は定型のものもありますが、自分の言葉にした方が心がこもっていて良いのではないでしょうか。

なお、引っ越しが年末の場合には、年賀状に引っ越した旨を書き添えることをおすすめします。

ページのトップへ▲

業者別:引越しパック紹介
ありさんマークの引越社
アーク引越センター
ハート引越センター
サカイ引越センター
日通
クロネコヤマト
アート引越センター
ダック引越センター
RUN引越サービス
名鉄引越便
引っ越しの準備
引っ越し業者の探し方
リスト・手続き他
当日の流れ
新居探しのポイント
引越しをハガキで伝える
通信・ネット系の準備
固定電話の移転手続き
携帯電話の住所変更
スカパー!
インターネットプロバイダ